◆ 坪井眼科医院は、日本ではじめて眼精疲労治療室を開設しました ◆




眼精疲労治療室設置の意義

<坪井式 Asthenoplastic>
眼精疲労は、視覚中心の現代文明の中で、避けて通ることのできない現代病といえます。
この現代病を新しいシステムで治療するのが坪井式Asthenoplasticです。
OA・FA・HAの浸透によって、潜在患者が急増する眼精疲労に応えることが「眼精疲労治療室設置」の意義であり、眼科医の新しい使命であると確信しています。

- 全身リラクスゼーションによる高感度眼精疲労治療法 -


ミュージックセラピー
音楽治療法が最近注目されていますが、眼精治療治療室は完成度が高いクラッシック音楽
によるミュージックセラピーをシステム化しています。

グリーンセラピー
視覚そのものを通したグリーンセラピーは、植物の「緑」を吸収することによって、リラクゼーションから眼精疲労治療の回路を開いています。

テイストセラピー
医師が患者さんに適切な指導をしてください。

マッサージセラピー
調節筋のマッサージおよび「つぼ」療法は、眼精疲労治療の基本。眼精疲労特有の症状である肩凝り、疲労に欠かせないセラピーです。

アロマセラピー
香のリラクゼーション効果をとりいれたアロマセラピー(芳香治療)によって眼精疲労の複合治療をシステム化しています。

眼精疲労を「視覚」のカテゴリーだけで捉えるのではなく、「聴覚」「臭覚」「触覚」まで総合化して治療するのが坪井式眼精疲労治療法です。
現代病には、新しいシステムが必要です。眼精疲労治療がこの分野の新しい世界を開きます。

●治療室のイメージング&レイアウト・関連器具・システム運用のノウハウは当医院が、サポートします。
●五感対応の全身リラクゼーションの理論をとり入れた治療です。

[戻る]


インフォメーション

坪井式眼精疲労治療室について

患者さんの声

眼科医の皆様へ

眼精疲労が労災認定!

「眼精疲労治療室」開設医院


坪井眼科医院

広島市中区八丁堀11-19

TEL (082)227-8676

有限会社 眼精疲労コンサルタント

広島市中区八丁堀11-19-4F

TEL&FAX:(082)511-1650

E-Mail:info@tuboiganka.jp