「坪井眼科医院」院長

◆ 坪井隆プロフィール ◆

[HOME]




治療のかたわら、眼の健康知識普及のため、幅広い活動をおこなっている。

眼の疲れを訴える人が増えたことから、1994年、全国で初めて「眼精疲労治療室」を設け、眼精疲労対策に積極的に取り組んでいる。ストレスと眼精疲労の関係に注目し、東洋医学の考え方を取り入れるなど、その疲労回復効果が注目を集め、多くのサラリーマンやOLたちが「坪井式眼精疲労治療室」を訪れている。


坪井 隆

昭和23年(1948年)1月3日生まれ

昭和46年(1971年)3月

東京医科大学卒業

昭和46年(1971年)6月

医師国家試験免許取得

昭和47年(1972年)4月

広島大学眼科学教室入局(百々次夫教授)

昭和55年(1980年)1月

広島市中区八丁堀11-18にて開業

平成6年(1994年)7月

広島市中区八丁堀11-19に坪井眼科ビル(5階建)を建設

平成6年(1994年)11月

ボランティア活動として、南太平洋パラオ諸島で眼科検診

平成6年(1994年)11月

日本で初めての眼精疲労治療室を設立

平成8年(1996年)3月

「眼精疲労の治る本」をゴマ書房より出版

平成8年(1996年)4月10日

日本テレビ全国放送「思いっきりテレビ」に生出演

平成9年(1997年)3月5日

NHKテレビ「ためしてガッテン」に生出演

※ 雑誌「安心」「グラン・マガジン」「モア」など、特集記事の執筆多数


戻る